4月16日

<ささやかな幸せを共に  *Small happiness together* >
 
  玲夢&六華 、そして瑠唯&瑠菜に会いに来て下さりありがとうございます。
  4WAN達の日々の成長記録、飼い主の独り言を散りばめながら
  書き留めていこうと思っております。
  もし、お時間許すのであれば、お立ち寄りください。
  コメント(拍手)も大歓迎です。私の励みにもなります。
  お返事は、最後に書かせていただきます。

   button.png

九州地方の皆様、心よりお見舞い申し上げます。

被害が増大しないように心からお祈り申し上げます。

***********************************************
この週末は、早朝、Jくんパパと広場で約束をしていました。

というのも、瑠唯と瑠菜の事です。

以前にもお話していた、引っ張りぐせ、吠えぐせ?

玲夢の時にお世話になったトレーナさんに10年ぶりにご相談したものの

なかなか出張トレーナーの時間が合わず、どうしたものかと思い、Jパパに縋る気持ちでLINEをして

ご相談したところ、「見てみましょう!」と今朝の約束となりました。

瑠唯と瑠菜の成長によるものかとずっと思ってましたが

それが完全なる思い違いだったこと。

私自身、飼い主自身の自覚?

引っ張りぐせも、吠える行為も、飼い主が瑠唯と瑠菜のリーダーとして

行動する事で、安心することができ

それが、引っ張って、自分の意思を通すとか、吠えて身を守る必要がなるなるという事。

既に、引っ張りグセがある瑠唯には、無言!(ここが大切!)で

飼い主の意思で行動する!最初は、嫌がったり、同じことを繰り返すが

それでも「歩きにくい。」と自分が感じた時、矯正されるということ。

また、吠える・・はどうしても飼い主に心を読まれているようです。

遠くにわんこが見えたら、リードサインを送り、普通に通り過ぎる(例え吠えたとしても)

吠えなかったら <褒める>

全てに共通に言えることは、<褒める>が重要!ちょっと大げさに褒める。

私自身振り返ると、<褒める>が少なかったかもしれません。

それよりも、気持ち動揺したり、怒っていたり??今回2度目、10年ぶりのわんこ育てに

「今度は失敗しない!したくない!」とどこかで気負っていた所もありました。

だから、余計に気持ちに余裕が無くなっていたように思います。

それが飼い主としての行動にゆらぎがあったかもしれません。

Jパパに「わんことの信頼関係!ワンコ達を信じること」

Jパパのリードコントロールで、矯正された瑠唯・・・

そして、瑠唯と瑠菜が、いつもは吠えて仲間に入るなんて、無理だと思っていた輪(中型犬、大型犬が数頭いる輪に

Jパパと瑠唯がリードの引かれて近付きました。

吠える?どうなる?

これが、全く吠えない瑠唯。

そして自分から、興味を示し、自分から、ご挨拶・・

Jパパは、瑠唯のリードから開放。(リード開放、お許し下さい。(ノω≦`)ノ。゚.o。許してクレ。o.゚。)

すると、すると・・・ホントに自分からその輪に入り、飼い主さん、ワンコ達に

積極的な行動。撫ででもらって、喜んでいる瑠唯。

ワンコ達が走り回れば、一緒になって走り回る・・

その光景は、のびのびと遊ぶ瑠唯の姿だった。

そして、私が呼ばなくても、戻ってきました。

勿論、そこでいっぱい褒めて・・・一旦リードを付ける。

そして、今度は瑠菜・・・

瑠菜は、どちらかというと、私から離れられない子ですが、

ワンコ達には、興味があるようで、様子を見に行く・・・そして、ご挨拶

でも、すぐに私のところに戻ってきたけどね。

「戻ってきたら、リードを付ける。そして、また暫くしてリード開放」

そうすることで、リードをつけられることを嫌がらなくなるし

戻ってきても、また、遊ばせてくれる!その気持ちが大切。

私自身が、どうも臆病になっていた所があったように思う。

のびのびと広場を走り回る瑠唯、中型大型犬の中に加わり、遊びたいとアピールする瑠菜。

それが本来の犬に姿!?に感動しちゃいました。

飼い主・・・頑張らなきゃ!

20160416-1.jpg


illust2702_thumb.gif

4WANになり、ランキングに初参加しました。
毎日バタバタですが、皆様のクリックが励みとなります。
よろしくお願い致します。 

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
About this site
About me
遊びに来て下さりありがとうございます。