FC2ブログ

ドックラン

れもん哀歌

れもん哀歌

-
<ささやかな幸せを共に  *Small happiness together* >

シニア犬の2わんと、ちびっ子2わんと、にぎやかに毎日を過ごしています。

そんな日々を綴っています。

***********************************************************
わんこを飼いだして、わんことの散歩、そしてわんこをドックランに連れていく・・・

それが当たり前の、ごくごく普通の事と思って、今まで何の疑いもなくやってきましたが

<散歩>も<ドックラン>の本来の意味をはき違えていたかもしれないと、メルマガバックナンバー集を

読み、思います。

特に<ドックラン>に関しては、リードフリーで自由に動ける、遊べる

それがどのわんこにとっても、<自由>という事で、一番いい環境、ベストな場所と考えていました。

普段、自宅の狭い空間、また、散歩時もリード使用で、自由に動けない!(リードの役目は違うんですよね。)

それがとても<不憫>と思っていました。

しかし、それは一概には言えないという事、わんこの性格、その時の体調、年齢他色々な事を十分考慮した末に

<ドックラン>で遊ばせることをしなければ、わんこ達にとっては<苦痛>の場所にもなりえるという事。



確かに今4匹のわんこ達が我が家には居ますが、本当に4匹4色・・・性格は勿論全然違いますし

好き嫌いも・・・みんな違います。それをいっしょくたにすることは、わんこ達には、また別のストレスになっていたのかも

しれません。飼い主からすると、良かれと思っていても・・・

また、ドックランなら、新しいお友達もできる!

それって、人間側の思い、<お友達は多い方がいい>みたいな??

でも、人間だって<1人、孤独が好き>という人もいます。わんこだって同じ。個を重要視しなきゃいけないのに。

人間と犬は、元々全く違う個体。だから、擬人化した扱いもNG!

でも、その性格という面では、やはり人間同様、飼い主が見極める事ですね。

<ドックラン>に今日は連れて行ってあげられた!!

わんこ達も喜んでるよ!なんて・・・今まで平気でBlogにも挙げていましたが、果たして・・・本当に楽しかった?

それを吹き出しでつけてみたりしていた自分。

わんこ達がよく尾を振っている!

この光景って、「喜んでいる」と思っている人が大半ですよね。私も、そうでしたから・・・

しかし、犬が尾を振っているのは、喜びの表現ではない事もあるって事。

威嚇する時も尾を振る。

苛ついている時も・・・尾を振るんです。(これは、バックナンバーを読んで初めて知りました。)

そういわれてみると、時々尾は振っているけど、態度、表情が・・・喜んでるとはちょっと違う!って思った場面

何度かありました。その時の犬の心理は、まさに、威嚇のサインだったという事。

だったら、頷ける。 飼い主は、愛犬の一番の理解者でいなければならないのに、とんだ勘違いが多い。

本当に今更ですけど、飼い主としてに勉強し直し!という気持ちです。

この子達と一緒に生活する、共存するからには・・・。





20180307-3.jpg


20180307-2.jpg



20180307-1.jpg


20180307-4.jpg





にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ


スポンサーサイト
最終更新日2018-03-08
Posted byれもん哀歌