FC2ブログ

個別コントロール

れもん哀歌

れもん哀歌

-
<ささやかな幸せを共に  *Small happiness together* >

シニア犬の2わんと、ちびっ子2わんと、にぎやかに毎日を過ごしています。

そんな日々を綴っています。

***********************************************************

季節は<春>まさに春爛漫の日々・・・

朝のお散歩も足取り軽くなりますね。

とは言っても、この週末は大嵐だったので、自宅で過ごしましたけど。(;^ω^)

こんな季節になり、本当ならもっともっと外に出したいと思っている飼い主の気持ち。

しかし、しかし、どうしても・・・お散歩途中、他のわんこ達とすれ違いがまだ、いまいち完全にできていない。

瑠唯と瑠菜。そして、六華もかな。こちらは、時々なんですが、そのスイッチがなぜ入るか

私には理解できなくて・・・。

タイミングが合い、リードコントロールができる時は、すんなり通り過ぎる事、できますが、そのタイミングが少しズレたり

時間差で突然吠え出す時、私としては、吠えるのを制するので必死になってしまい、根本的な対応ができてない

ような気がします。

本当なら、もっともっと外に連れ出したいのだけど、気持ちのどこまで躊躇している自分がいます。

「また、吠えたらどうしよう」

そんな風に思う事自体ダメなんですよね。

こんな事を今更ですが、同年代のわんこを同時にコントロールするって、やはり、難しいです。

1わんなら・・・それは言い訳に過ぎないのですが、そう思ってしまう事もあります。

瑠菜の方は、以前にもお話ししましたが、セッションに参加の経験もあり、その時は完璧にこなし

問題なかったのですが、瑠唯と一緒になると、時々同調してしまうところは、やはりまだ完璧じゃないって

事なんでしょうね。

ご近所の商店街で4ワンをカートの乗せてお散歩している方を見かけると、本当に羨ましいと思ってしまいます。

玲夢と六華は、そんな苦労!?なかったから・・・

誰から声を掛けられても、大人しく対応できる子達です。

瑠唯と瑠菜は、違います。最初はいいのですが・・・突然のスイッチに、相手の方を驚かしてしまう。

そして相手に方の謝らせてしまう事が、申し訳ないといつも思っています。

セラピー犬には、ほど遠い事はわかっていますが、せめて、わんこ友達の飼い主さん達に

吠えずに接する事ができるようにはならないかな。

一言で<慣れる>と言いますが・・・(-"-)

20180319-1.jpg






にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ


スポンサーサイト
最終更新日2018-04-17
Posted byれもん哀歌